2 事業主への損害賠償請求

事業主は、労働者の生命、身体等の安全を確保する義務があります(安全配慮義務)。労働災害のうち、事業主の安全配慮義務違反が認められるものについては、損害賠償の請求が可能です。労災保険による補償は,治療費,休業損害の6割と後遺障害逸失利益の一部が対象になっています。精神的な損害である慰謝料(傷害や後遺障害)については含まれていません。

しかし、労働災害の場合に、被害者に慰謝料が発生しないわけではなく、安全配慮義務違反が認められる場合には、労災保険で補償されない損害についても、請求することが可能です。
弁護士に依頼をすることで、事業主に安全配慮義務違反がないかどうか請求可能な損害額はいくらかについて検証することができます。まずは、ご相談ください。