福島・郡山・いわき・会津・白河企業の法律問題相談、顧問弁護士のお問い合せは郡山タワー法律事務所まで

残業問題⑬ Q 従業員の給与の一部ないし全部を歩合制にしている。歩合給部分の残業代は支払わなくても良いか?

2013年6月10日 労働

A 歩合給であっても残業代の支払いは必要です。  業種によっては売り上げに応じて,その一定の割合で毎月の給与額を算定する歩合制の給与体系を採用している会社があります。  1か月いくら,といった形で給与総額が決まっておらず [...]

More

残業問題⑫ Q 給与について,年俸制を導入し,1年の支給額を決めた上で16分割し、うち12を毎月支給,4については賞与として支給している。残業手当、深夜手当等について,年俸制であるため支給は不要ということで良いか。支給する場合,毎月支給される金額を基礎に計算すればよいか。

2013年6月6日 労働

A 年俸制であっても残業代等の支給は必要で,賞与として支給している部分も含め金額を計算する必要があります。  年俸制とは,年間単位で個人の実績に従い、従業員への給与を決めようとする制度で、通常年1回の契約更改で目標設定お [...]

More

賞与 Q 賞与支給日前に退職した従業員から,賞与の算定期間中は在籍していたのでボーナスを支払うよう請求を受けた。支払わなければならないか。

2013年5月31日 労働

A 会社の規定にもよりますが,多くの場合は支払いの義務はありません。  賞与については,多くの企業では在籍期間を要件に,ある期間在籍した従業員に対して,業績や貢献によって賞与を支払うといった規定を設けている会社が多いので [...]

More

有給休暇④ Q 従業員の有給休暇が未消化のまま残っている。翌年以降に繰り越しをしなければならない?

2013年5月29日 労働

A 有給休暇が発生した日から2年後までは繰り越しが必要になります。  有給休暇について、特に中小企業では1人休んでしまうと人手が足りなくなる、有給を消化しづらい雰囲気があってなかなか消化できない、などといった話をよく聞き [...]

More

有給休暇③ Q 退職予定の従業員から未消化の有給休暇の買い取りを求められた。応じなければならないか。

2013年5月20日 労働

A 法律上,有給休暇の買い取り義務はありません。  有給休暇について,会社の就業規則などで退職までに未消化の有給休暇について買取りを規定している場合があります。このような規定を置いているのであれば,買取りはその会社と労働 [...]

More

有給休暇② Q 時給で働くパート・アルバイトの従業員が有給休暇を取った。この場合,支払わなければならない賃金はどのように決まるのか。

2013年5月17日 労働

A 支払いの方法は就業規則等で定めることは可能ですが,基本的にはその日の所定労働時間分の給与を支払うことになります。  前回に引き続き,有給休暇の話題です。前回,パートやアルバイト従業員についても有給休暇が発生することを [...]

More

有給休暇① Q フルタイムで勤務していないアルバイトにも有給休暇を与えなければならない?

2013年5月13日 労働

A 勤務状況により日数が異なる場合がありますが、有給休暇を与える必要があります。  本来、給与というのは労働の対価ですので、ストライキなど不就労自体が違法と言えない場合であっても、労働をしていない時間については給与が支払 [...]

More

解雇・退職⑥ Q 従業員を雇用する際,試用期間を設けた。試用期間中であれば従業員を解雇しても問題はない?

2013年5月7日 労働

A 試用期間中の解雇,試用期間満了時の本採用拒否も厳しい制限を受けます。  従業員を採用する際に1か月から半年程度の試用期間を設け,従業員の適性を判断することにしている会社は多いようです。  この試用期間について,会社の [...]

More

残業問題⑪ Q 管理職者は役職手当を支給しており、その中に残業代も含まれていると伝えている。実際には相応の金額を支払っており,従業員からも特に文句も出ないので残業代は支払わなくて良い?

2013年5月1日 労働

A 残業代相当として支給していること、及びその金額が明確にされていなければ、残業代は支払わなければならない。  前回に引き続き、管理職の残業代の問題です。残業代請求がされた場合に,前回の管理監督者であるとの主張と並んでよ [...]

More

残業問題⑩ Q 管理職者は役職手当を支給しており、その中に残業代も含まれていると伝えている。実際には相応の金額を支払っており,従業員からも特に文句も出ないので残業代は支払わなくて良い?

2013年4月24日 労働

A 残業代相当として支給していること、及びその金額が明確にされていなければ、残業代は支払わなければならない。  前回に引き続き、管理職の残業代の問題です。残業代請求がされた場合に,前回の管理監督者であるとの主張と並んでよ [...]

More

« Previous Posts Next posts »