破産の原因

破産の原因には、大きく分けると2つの場合があります。

 

1 債務超過の場合

会社の財産をすべて処分しても、債務を完済することができないことを債務超過状態といいます。

債務超過の場合は、破産することができます。

 

2 支払い不能の場合

会社に支払能力が無く、継続的に弁済を続けることが不可能な場合や、すでに会社が借金の支払いを停止しているような場合には、「支払い不能」とみなされ、破産することができます。

一時的に多額の借金があっても、今後の成長が強く見込まれるような場合は、支払い不能にはあたらないこともあります。

支払い不能かどうかについては、判断が難しいので、専門家にご相談されることをお勧めいたします。

破産に関する他の記事はこちら

◆倒産処理の種類       ◆破産の原因
◆従業員に対する対応   ◆破産後の経営者の生活について
◆任意整理          ◆自己破産