契約書の作成及びチェック

契約書はトラブル予防の基本でとても重要なものです。
しかし、多くの中小企業において実際には契約書を作っていないというケースは少なくありません。
また、契約書はあっても、内容が不十分でかえってトラブルの原因になってしまうこともあります。

ここではそのような契約書についてお伝えします。

契約書の重要性

以下のようにお考えであれば注意が必要です。

面倒だから、口約束で済ませてしまおう。

契約書や法律のことはわからないから、相手任せにしてしまおう
弁護士に依頼すると高い報酬を取られるんじゃないか?
売っている書式を使い、それをアレンジして使おう

上記のようにお思いであれば以下の項目についてもご覧になってください。

契約書の重要性

企業にとって、契約書を作成しておくことは重要な戦略の1つといえます。
企業活動においては日常的に様々な「契約」が数多く締結されています。契約書を用意するのが面倒で簡易な口頭約束で済まされてしまっているケースも見られます。

しかし、契約書を作成していないと、万一契約上のトラブルが発生したときにトラブル解決の糸口が掴めない状況に陥ってしまいます。
そうなると言った言わないの問題になり、重要な契約については、必ず契約書を作成しておく必要があります。

市販の契約書

市販の契約書、無料の契約書が現在ではインターネットを使えば無料で簡単に契約書の雛形が手に入ります。
しかし、あくまでもしかし、あくまでも雛形ですから、個別の状況には対応しておらず、多くの場合には体裁を整える市販の契約書では問題が起こった場合に対処しきれないケースが多いです。

契約書がその場を取り持つ形式的なもので済まさず契約書の存在意義を認識しておく必要があります。

契約書の意義

・事前の戦略的、契約関係の構築

契約先と契約関係を結ぶに当たり、相手方の用意した契約書で契約を結ぶことほど危険なことはありません。

これは相手の土俵の上で相撲を取るようなものです。事前に考えられうるリスクを回避するべく免責事項、損害賠償額などの限定条項も加味して作成することが重要です。


・契約内容の保存・確認のため

契約先が契約内容と違ったサービス、注文を行ってくる場合もがあります。

そういった場合に契約書がなければシラを切り通されてしまう可能性もあります。

中長期的な目線で考えると上記のようなケースに陥らないために契約書を締結しておくことは重要といえます。


・契約内容を根拠とした問題解決のため

契約締結時には契約内容を気にしての関係が続きますが契約後、数年がたつ場合などはいつの間にか契約内容を守らずに取引を進めている場合があります。

そのようなケースを防ぐため、またそうなっている場合に解決をするためにも契約書は必要です。

契約書によって相手方がその約束を守らなければならないことについて相手の反論を許さない役割を果たしますし、裁判で争う場合であれば、契約書がそのような約束があったことの証拠の役割も果たします。

 

契約書の作成及びチェックに関する他の記事はこちら

◆保険会社から示談の提示を受けた場合   ◆契約書の重要性